伝説上の生物

2009 年 4 月 8 日

伝説のツチノコ

Filed under: Articles,伝説の生物 — deainokami31 @ 2:11 PM

ツチノコは、日本に生息すると言い伝えられている未確認動物(UMA)のひとつ。鎚に似た形態の、胴が太いヘビとされる。北海道と南西諸島を除く日本全国での逆援助目撃例が多数ある。
新種の未確認動物である可能性以外にも、大きい獲物を飲み込んで腹が膨らんだヘビや、妊娠中のヘビを誤認したのではないかといった例が挙げられているほか、別種の動物の誤認としてアオジタトカゲとの見間違いが指摘された。このトカゲは1970年代から日本で飼われるようになり、目撃情報が増加した時期に一致するとされている。アオジタトカゲには四本の小さな脚があり、読売新聞社によって在宅撮影されたツチノコとされる生物にも脚があった。作家の荒俣宏は、流行の原因となった漫画の影響で脚が無い姿が広まったと述べている。
岐阜県の目撃談にあるマツカサトカゲも、四肢が草むらや胴体の下に隠れている姿がツチノコに近く、日本国内でもペットとして飼育されている。このことから、心ない者が山野に捨てたマツカサトカゲが繁殖し、ツチノコと誤認されたとの説もある[11]。また、山形の目撃談にある毒蛇のデスアダーも、太く短い体型がツチノコに近いとされる[3]。
このほか、在来の蛇であるヤマカガシやニホンマムシの誤認が挙げられており、これら複数の目撃証言が一つに複合されたものがツチノコとする仮説もある。



コメントはまだありません


この投稿へのコメントの RSS フィード。 

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

xhtml css. WPMU Theme pack by WPMU-DEV.